先輩からのメッセージ

お客さまやスタッフの方から毎日、
温かい気持ちをいただける職場です

S・Nさん(40代)
2016年入社 食品レジスタッフ(パート)

フレッシュな気持ちで、お仕事に臨んでます

北雄ラッキーに入社したきっかけは、お買い物中に見つけた求人広告です。私の場合、働くうえで重視していたのが、勤務時間帯でした。私の理想とする時間帯で募集していたので、すぐに求人応募しました。その流れで、いまは週に5日、8:00~12:00または9:00~13:00まで、1日4時間の勤務です。他社のスーパーで約10年、食品レジをしていたので、業務には慣れていました。食品レジのお仕事は、大きく分けて「レジ」と「会計」のふた通りです。「レジ」業務は、商品の清算やレジ袋詰めなどを行います。全自動レジなので、商品券などの入力間違いがない限り、計算ミスの心配はありません。「会計」業務は、前日の売り上げやパソコン入力などの作業です。パソコンが苦手な私でも覚えられたので、安心してくださいね(笑)。その後は、サービスカウンターでお客さま対応や贈答品の包装などを行います。レジだけでなく、いろいろな業務を経験できるので、楽しくお仕事しています。

プライベートでも繋がりのある温かい職場

職場には30代、40代の主婦の方が多く、小さなお子さまがいる方も無理なくお仕事しています。子どもが熱で、出勤ができない場合も、しっかりとカバーするので安心してお休みが取れる環境です。もちろん、学生やシニアのパート・アルバイトの方も活躍しています。なかには25年間、お仕事されてる方もいるんです!長期にわたって働ける居心地の良い職場ですよ。みなさん、穏やかな方ばかりで、お仕事終わりにお茶をしたり、楽しい時間を過ごしています。お客さまも温かい方が多く、「いつも手早く、お会計してくれてありがとう」といったお褒めの声をいただくこともあります。これまでパートとして勤めてきたスーパーと比べ、お客さまからスタッフまで、優しい方が多いんです。そういった空気感は、地域に根差したお店だからこその良さだと思います。今後もみなさまとの繋がりを大切に、長くお仕事を続けていきたいですね。


初めてのお仕事ながら長年、
続けられた理由は人間関係の良さ

Y・Sさん(50代)
2001年入社 精肉スタッフ(パート)

未経験だからこそ、チャレンジするのが楽しい

北雄ラッキーに入社したのが30代の頃で、現在18年目です。当時、子育てが落ち着きそうな時期に求人募集を知ったのがきっかけです。日常的にお買い物をする店舗でしたので、安心感がありました。なによりも自宅から近いことが入社の決め手でした。子どもが小さかったので、なにかあったとき、すぐに駆け付けられる場所がよかったんです。スーパーマーケットでのお仕事は未経験で、精肉を扱う業務も初めて。ただ、不安よりも「なんとかなる!」という前向きな気持ちのほうが勝ってたかな(笑)。 いまは、週に5日、8:00~16:00の時間で働いています。精肉部門では、自社の精肉加工工場から入荷したロースやバラなどにパーツ分けされた精肉のパック詰めや値付け、陳列などを行います。私の場合、スライスなどの加工も行うので、店舗によって多少の違いはあると思います。未経験でしたが丁寧に教えてもらいながら、少しずつ覚えていくことができました。

肉料理のレパートリーも増え、家族も大喜び!

精肉部門では、30代~60代の男女スタッフが元気に活躍しています。女性は主婦の方が多く、生活スタイルに合ったシフトでお仕事されています。職場の雰囲気はもちろん、人間関係も良好です。長く勤められる方が多く、私が知る限り辞めた方は、ほぼいないかな。
北雄ラッキーでは、部門ごとに社内コンクールがあり、私も店舗代表として参加させていただきました。料理の用途に合わせたお肉の切り落とし技術を競う場で、優秀賞をいただけたんです!驚きとともに、自信に繋がりましたね。ほかにも売り場で、お客さまから「お肉、美味しかったよ」と、褒めていただくこともあるので、とても嬉しいです。精肉部門で働くようになってから、お肉料理のレパートリーが増え、家族も喜んでいます。18年間で、そのようなエピソードをたくさん経験しました。入社時は、小さかった子どもも、いまでは成人です。今後も元気いっぱい、お仕事に励んでいきたいです。


日々、新たな学びを得ながら
新鮮な気持ちで仕事をしています

K・Yさん(60代)
2001年入社 鮮魚スタッフ(パート)

生活にも活かされる知識が身に付きました

北雄ラッキーのこちらの店舗には、オープンのときから勤めています。これまで、他社のスーパーを含め、かれこれ30年ほど鮮魚部門での経験があります。スーパーで働き始めたのが30代の頃なので、こんなにも長い間、携わるとは思ってもみませんでした。
私が働く店舗では、正社員の男性スタッフが、魚の下処理から切り身や刺身などの加工調理を行い、パート・アルバイトの女性スタッフが、商品のパック詰め・値付け・品出しなどを行なっています。サケなどの大きな魚も取り扱うので、重たいですし、丸々一匹さばくだけでも、相当なチカラが必要なんです。そういった面で、分業していただけるのは、体力的に助かっています。もちろん、男性スタッフが休憩中、「三枚に下ろしてください」「下処理をしてください」などの注文があった際は、私が代わりに、さばいたりします。売り場に並ぶ魚は、ほとんどさばけますし、多少の目利きができるようにもなりました。ほかのスーパーに立ち寄った際、必要以上に魚の鮮度チェックをすることもしばしば(笑)。良い意味で、魚の見方が変わったと思います。

職場を通じて、温かさと活力をいただけます

北雄ラッキーでは、50代、60代のパート・アルバイトの方も元気に活躍しています。正社員として定年を迎え、再雇用制度でシニアパートに移行した方もなかにはいます。私の場合は、65歳を機に70歳まで働き続けられる雇用契約になりました。みなさん、「家でゆっくりするよりも働きたい!」といった方が多いんです。売り場で、常連のお客さまとの会話を楽しみに働かれる方もいますし。時には、家族と一緒に買い物に来た孫が、「おばあちゃ~ん!」と駆け寄って来てくれたり。そういった嬉しい出来事のおかげで、気持ちだけでも若さを保っていられます(笑)。ほかにも月に1度、店舗の仲の良い方同士で、居酒屋で飲み会をするのが楽しみなんです。そういった職場環境のおかげで、充実した日々を過ごさせております。今後も70歳まで健康的に仕事を続けていきたいですね。